ブラッシュアート(Brush-Art)とは

ブラッシュアート(Brush-Art)とは、「筆を使ったアート」を総称しています。

 

日本文化として長い間親しまれ、守られていた書道に色彩を用いることで新しい世界が広がりました。ブラッシュアートではカラーで書道という新しい分野で書道と色彩で心を癒せるカラー書道をテーマに作品作りをしています。具体的には書道の基礎となる筆使いや書法・技法を基礎として大切に守り、芸術的観点を付加させ、グラデーションや多色使い、立体的に見える工夫を施して、独自の世界観を確立しています。


カラーで書道に取り組むにあたり、はじめは美しい書作品を作りたいとそれだけでした。。色彩には人間の深層心理に影響を与える力があること知り驚きと同時にとても必要な分野だと思いました。青には心を冷静する効果があり、信頼や誠実というイメージがあります。緑の色は、安らぎや平穏な気持ちをもたらし、心を穏やかにする効果があります。他にも色彩にも童謡に人間に与える効果を持っているのです。

 

 書とは一期一会、一種の武道のような趣もあります。二度と同じものを書くことができないのです。書をカラーにするだけで楽しく、美しいものが出来上がるのです。日本独自の春夏秋冬を表現ができたり、カラー書道にはたくさんの書体を使用することができるという利点があります。楷書・行書・草書・隷書・篆書などがそれにあたります。ブラッシュアートでは漢字の美しさを表現するにふさわしい書体を選び、そこからイメージを膨らませてカラーで描くことができるのです。


カラー書道ブラッシュアートでは、単に色彩を使用してだけではありません。イメージを重視した制作方法、色彩からイメージする制作方法、漢字のイメージから湧き出てくる制作方法などがあります。その違い知ってカラー書道の様々な世界観を知っていただきたく思っています。それは作品を無心に創っているときにはわかりませんでした。


現在は、個展を主に開催しています。カラー書道ブラッシュアート展でカラー書道だからこそできる表現を研究して、作品制作をしています。まだカラー書道を知らない人、漢字を文字として受け取る習慣のない海外の方にもカラー書道の存在を知っていただけたらと思っています。

 

そして、この度カラー書道の体験講座を開くことになりました。

カラー書道を知っていただくために12月の始めからクラウドファンディングも始めます。

「カラー書道で新しい文化を作る!」です。作品もたくさん掲載し、リターンも皆様に喜んでいただくものを計画していますので、どうぞカラー書道ブラッシュアートをご支援いただきますようお願いいたします。