鎌田惺舟プロフィール

鎌田惺舟(かまたせいしゅう)

 

5歳のころより書道を始める。書道でお手本を写すことに集中している真っ白な時間の無の境地や静寂に見せられ書道を続けることになる。

現代書を主に勉強し、漢字、近代詩文書(現代書)・かな・ペン字師範を取得。毎日展・創玄展入選・入選入賞を重ね師範となる。

社会人として大手企業で働くも、書道研究を怠らず、次第にカラーでの創作することになる。
書道の基本を踏まえたカラー書道を2010年より制作を始める、白い紙と色彩を区別することでよりカラーが浮かび上がることを知る。

カラー書道の基礎となり、創作は、中国の古典を臨書することから始まる。中国古典の石碑の拓本を臨書(写すこと)に心酔するようになる。次第に書体・書法の中から聞こえる、リズムや線の深さに興味を持ち研究するようになる。

 

 色彩で書道をすることは、自分自身の内面に語りかけるひとときの癒しであるということにたどり着く、カラー書道で自分自身と対話ができ、自分を好きでいられる働きがカラー書道にはあると感じるようになる、カラー書道は新しい文化になると考え、現在も進み続ける。