· 

字がうまくなる方法「①~⑩まとめ」

字がうまくなる方法 ①~⑩「まとめ」

①リズム感

②遅速

③反動

④手を解放する

⑤突く

⑥弾む

⑦指を曲げすぎない

⑧紙はただの紙じゃない

⑨紙にくい込む

蔵峰

 

今まで「字がうまくなる方法」を書かせていただきまして、⑰にまでなりましたので

いったん今まで⑩までの分を「まとめ」として説明させていただきます。

体の使い方などは次にいたします。

文字を書くということは、毛筆・硬筆に限らず紙と書くもの(筆)との関係がとても大切なものです。

ツルツルすべる紙にうまく書くことは形にしか目がいっていないことになります。つまり字の形しか見ていないと

いうことです。

文字はお手本を見て書くものではありません。よく「きれいに書く方法を教えてください」と言われます。

きれいに書くことはお手本を見てゆっくりとなんども繰り返していけばいずれ書くことができることです。

文字を書く人の内面を観察していないということになります。書く人の癖、書く人の姿勢、書く人の筆の持ち方などで

変わってくるのです。

そして「文字は人を表す」と言われるようにその人の心も表すのです。ですので長い時間と苦痛で身につけるものではないと思っています。

文字を書くたびにお手本が必要になるようでは実用的にはなりません。少しずつ姿勢を直し、持ち方を覚え、癖を直すには長い時間が必要だと考えます。

お手本なしで書くことができて、上達が早く、あまり苦労したくない人にはこの自分の癖を生かして自分らしい文字を

書くようになって欲しいということです。

これはあくまでも私の思うところですので、あまり難しく考えないで気楽に聞いていただければと思います。

①から⑩まで通してそのことを説明しています。

どのようにして紙を意識するかにかかっています。紙は文字を自分らしく書くにはとても必要な道具です。

紙を利用してうまく文字を書こうと説明しています。腕に覚えさせることになるかと思います。

紙を意識するだけで文字がうまくなるということをお知らせしたいです。

何はともあれ、今回はいったん「まとめ」ということで書かせていただきました。

 

Summary from ① to ⑩

 

How to improve the character ①~⑩ "Summary"

 

① sense of rhythm

 

② Slow

 

③ Recoil

 

④ Release your hands

 

⑤ Poke

 

⑥ Bouncy

 

⑦ Do not bend your fingers too much

 

⑧ Paper is not just paper

 

⑨ Paper is difficult to fit

 

⑩ Do not show the brush tip

 

 

 

Until now, I wrote "How to improve the character", and now it is ⑰

 

I will explain the steps up to 10 as a “summary”.

 

The usage of the body will be done next.

 

Writing characters is not limited to writing brushes and writing brushes, but the relationship between

 

the paper and what you write (the brush) is very important.

 

Writing well on slippery paper means only looking at the shape. In other words, only looking at the shape of the letters

 

That is it.

 

Letters are not meant to be modeled and written. People often say, "Tell me how to write cleanly."

 

Writing cleanly means that you can write it if you look at the model and repeat it slowly.

 

It means that you are not observing the inside of the person who writes the letters.

 

Depending on the habit of the writer, the attitude of the writer, how the writer holds the brush, etc.

 

It will change.

 

And, as it is said that "characters represent people," they also represent their hearts. Therefore,

 

I don't think it's something that can be learned in a long time and in pain.

 

It is not practical if you need a model every time you write a letter. I think that it takes a long time to gradually improve

 

your posture, learn how to hold it, and correct your habits.

 

For those who can write without a model, improve quickly, and do not want to struggle too much

 

I want you to start writing.

 

This is just what I think, so I hope you will feel free to listen to it without thinking too hard.

 

I am going through steps ① to ⑩ to explain that.

 

It depends on how you are aware of paper. Paper is a very necessary tool to write letters yourself.

 

I am explaining how to write characters well using paper. I think it will make your arm remember.

 

I would like to inform you that just by paying attention to the paper, the letters will be good.

 

Anyway, this time I wrote "summary".