· 

字がうまくなる方法⑰「わきの下をあける」

今回のテーマは「わきの下をあける」です


前回、まっすぐな たて線の書き方をお伝えしました。今回は補足として「わきの下をあける」です。


わきの下を左右にあける間隔は、約8~12㎝メートルくらいで、感覚的にはソフトボールが入るくらいの感覚です。


野球のボール・テニスのボールよりも大きいくらいあけておきましょう。


利き手(文字を書く方)だけではなく両方のわきの下をあけます。

 

両ひじを左右に広げ、頭と両ひじで正三角形になるような姿勢です。頭と両ひじで正三角形になるためには、

 

背中を伸ばし、頭の位置を高くする必要があります。頭を三角の一番高い位置にすることで目の位置を高くすることができ、

 

まっすぐに書けているかどうかも確認することができます。


この三角の姿勢を維持すると左に曲がったり、右に曲がったりということがなくなります。

 

わきの下が締まっていてはまっすぐに書くのを妨げている状態になります。


わきの下をあけ、ひじを左右に開くことによって、たて書きの中心が流れることなく、一文字目の真下に中心がずれることなく

 

書くことができます


どうぞ背中をまっすぐにして両ひじを左右に開いて両わきの下をあける姿勢で書いてみてください。

 

 

本日のテーマは「わきの下をあける」でした。

 


How to improve the character ⑱

 

The theme of this time is "Open the armpit."

 

Last time, I told you how to draw a straight vertical line. This time, I will open the armpit as a supplement.

 

The space under the armpits to the left and right is about 8 to 12 cm, and it feels like a softball.

 

Leave it larger than a baseball or tennis ball.

 

Open both armpits, not just the dominant hand (the person who writes the letters).

 

Spread both elbows to the left and right so that the head and both elbows form an equilateral triangle.

 

To make an equilateral triangle between your head and both elbows,

 

You need to extend your back and raise your head. You can raise the position of your eyes by placing your head

 

in the highest position of the triangle,

 

You can also check if you can write straight.

 

If you keep this triangular posture, you will never turn left or right.

 

 

The underarms are tight, which prevents you from writing straight.

 

 

By opening the armpit and opening the elbows to the left and right, the center of vertical writing does not flow,

 

and the center does not shift directly below the first letter

 

You can write

 

Please write your posture with your back straight and your elbows open to the left and right and your arms open.

 

Today's theme was "Open the armpit."