· 

字がうまくなる方法⑥「弾む」

字がうまくなる方法⑥「弾む」今回のテーマは「弾む(はずむ)」です。

「弾む」というのは文字通り、ボールが弾むように跳ねることになります。

ハネルたとえば「小」の一角目の真ん中の線のようにハネます。

今回は弾むのです。たとえばひらがなの「わ」です。

一画目の縦線を引いたときに次の点画にいくときには見えない線

(空中で浮いているので見えないが確かに存在する線)があります。

その一画目と二画目移るための見えない線を意識するとしないでは

雲泥の差があるのです。一画目から次に行くためには弾み、

次の画にそれを受け取って(リズムに乗ったまま)次に行くといった

風です。少しわかりにくいかもしれませんが、

弾むも文字を書く上で大切なことなのです。今回のテーマは「弾む」でした。

 

------------------------------------------------------------------

 

Facebook

https://www.facebook.com/SeisyuKamata

 

Instagram

https://www.instagram.com/brush.art.japan/

How to improve the character ⑥ “Bouncing” The theme of this time is “Bouncing”.

 

"Bouncing" literally means that the ball bounces like bouncing.

 

Hanel For example, it looks like the middle line at the corner of the "small".

 

This time I will bounce. For example, Hiragana "wa".

 

Lines that cannot be seen when going to the next pointill when drawing the vertical line of the first stroke

 

(There are lines that are invisible but certainly exist because they are floating in the air).

 

If you do not consider the invisible line that moves the first stroke and the second stroke,

 

There is a difference between the clouds. Momentum to go from the first stroke to the next,

 

Receive it in the next picture (while keeping the rhythm) and go to the next

 

It's the wind. It may be a little confusing, but

 

 

------------------------------------------------------------------

 

Facebook

https://www.facebook.com/SeisyuKamata

 

Instagram

https://www.instagram.com/brush.art.japan/