字がうまくなる方法⑥「弾む」

今回のテーマは「弾む(はずむ)」です。

 

③でお伝えしたのは「反動」でした、それと良く似ているのですが

 

「弾む」というのは文字通り、ボールが弾むように跳ねることになります。

 

たとえば「小」の一角目の真ん中の線のようにハネルではありません。

 

弾むのです。

 

たとえばひらがなの「わ」です。

 

一画目の縦線を引いたときに次の点画にいくときには見えない線

 

(空中で浮いているので見えないが確かに存在する線)がある。

 

その一画目と二画目移るための見えない線を意識するとしないでは雲泥の差があります。

 

少しわかりにくいかもしれませんが、なんとなく聞いておいてください。

 

今回のテーマは「弾む」でした。

-----------------------------------------------------------------------------

facebook フェイスブックです。近況や作品などを紹介しています。

https://www.facebook.com/SeisyuKamata

 

Instagram インスタグラムで作品を掲載しいています。

https://www.instagram.com/brush.art.japan/

 

Blog カラーブラッシュアートの鎌田惺舟(かまたせいしゅう)のブログになります。

https://www.brush-art-japan.com/blog/

 

Homepage ホームページです。

https://brush-art-japan.com

 

The theme this time is "bounce".

 

 

 

What was reported in ③ was “Rebound”, which is very similar to that

 

 

 

"Bouncing" literally means bouncing the ball.

 

 

 

For example, it is not Hanel like the middle line in the first corner of "小".

 

 

 

Bouncy.

 

 

 

For example, Hiragana "わ".

 

 

 

Invisible line when going to the next stipple when the first vertical line is drawn

 

 

 

(There is a line that cannot be seen because it is floating in the air but does exist).

 

 

 

Unless you are aware of the invisible line that moves between the first and second strokes, there is a difference between cloud and mud.

 

 

 

It may be a bit confusing, but please ask.

 

 

 

The theme this time was “bounce”.

 

------------------------------------------------------------------------

 

facebook 

https://www.facebook.com/SeisyuKamata

 

Instagram 

https://www.instagram.com/brush.art.japan/

 

Blog 

https://www.brush-art-japan.com/blog/

 

Homepage 

 

https://brush-art-japan.com