ブログ子どもしょどう教室②

ブログで子どもしょどう教室②

 

 

①では、子どものしょどう教室でいいましたのは

 

 

「見るちから」ということについて書かせていただきました。

 

 

つぎに 子どもの時におぼえてもらいたいものは「バランス」です。

 

 

 

ヘンとツクリの「バランス」です。

 

 

 

近くの公園にあるかわかりませんが、シーソーが一番わかりやすいかもしれませんね。

 

 

 

シーソーといっしょで文字はバランスです。

 

 

 

シーソーでギッタンバッコンとお友だちといっしょに遊ぶことがありますよね。

 

 

 

そんなときは、おともだちが上になったときには、わたし(ぼく)は下にいきますよね。両方が同じバランスになると良いのです。

 

 

 

バランスとはそんなものです。ヘンとツクリ。たとえば「林(はやし)」だとすると左の木が

 

 

 

ヘン、右の木がツクリということになります。

 

 

 

 

左の木と右の木のバランスです。左の木のよこのせんを長く書きすぎると右の木が

 

 

 

 

ちっちゃくなって書きにくいというものです。

 

 

 

 

かんたんなことですが「バランス」に きをつけてみてください。

 

 

 

 

※この子供書道教室はなるべく漢字を使わないで作成しています。

 

 

Blog for children with a blog②

 

 

 

 

Then, what did you say in the children's classroom?

 

 

 

 

I wrote about "the power to see".

 

 

 

 

The next thing I want to remember as a child is "balance".

 

 

 

 

It is the "balance" between Hen and Tsukuri.

 

 

 

 

I don't know if it's in a nearby park, but a seesaw might be the easiest to understand.

 

 

 

 

The letters are balanced with the seesaw.

 

 

 

 

You often play with Gitan Bakkon and friends on a seesaw.

 

 

 

 

In such a case, when my friend goes up, I will go down. I hope they both have the same balance.

 

 

 

 

That's what balance is. Hen and Tsukuri. For example, if you say "Hayashi", the tree on the left is

 

 

 

 

Hen, the tree on the right is called chestnut.

 

 

 

 

The balance between the left and right trees. If you write the length of the left tree too long, the right tree will

 

 

 

 

It is small and difficult to write.

 

 

 

 

It's easy, but try to pay attention to balance.

 

 

 

 

* This children's calligraphy classroom is created without using kanji as much as possible.