· 

字がうまくなる方法⑤「突く」

字がうまくなる方法⑤今回のテーマは「突く」です。

 

 

字がうまくなる方法は私の個人的見解ですので一般的とは違うかもしれませんが、気軽に聞いてください。

 

 
「突き~」というとやりや剣道などを想像すると思いますが、書くことにおいても

 

突くということがきれいな文字(読みやすい文字)を書くということがとても大切なポイントになります。

  

 

皆さんは、時間がかかってもきれいな字を書きたいと思いますか。そりゃそうですよね。

 

  

でも、できるなら早く書いてもきれいな読みやすい文字を書きたいと思いませんか?

 

  

急いで書くことが必要な場合がどちらかといえば多いと思います。

 

 

あとで見直したときに読めない、一部がわからない、大事なところがわからないので文の意味がわからない。

  

 

先生の講義は録音しておけば大丈夫だという人もいらっしゃると思いますが

 

  

聞きなおして文字起こしをする人は少ないと思いますね~。

 

 

だからはじめにきれいな文字で(読みやすい文字)書くことが大切になります。

 

  

きれいなノートを作成することを重視しているのならば早いにこしたことはないのです。

 

  

そこで「突く」ということが必要になります。

 

  

たとえば、「中」という文字でしたら

 

  

④で説明したとおり、「手の開放」をクリアしたとして「突く」ということができるということは大事です。

 

  

 

「中」横長い口の部分は置いておいて最後の縦の線は少なくとも

  

 

 

「突く」をした方がきれいに書くことは間違いありません!

 

  

 

まずその縦の線を書くときに何の反動もつけずに

 

  

押さえるだけで、まっすぐにきれいに書ける人は少ないと思います。

 

   

今まで説明している「反動」「リズム」も

  

 

踏まえてのことになりますが、下から上に突くことできれいなまっすぐの線が書けるようになります。

 

  

これはすぐに書けるということを言いたいのですが、数回の修練?が必要になります。

 

  

この方法で早く書いてもきれいな線が書けるようになります。

  

 

今回のテーマは「突く」でした。.

 

----------------------

 

 

facebook フェイスブックです。近況や作品などを紹介しています。

https://www.facebook.com/SeisyuKamata

 

Instagram インスタグラムで作品を掲載しいています。

https://www.instagram.com/brush.art.japan/

 

Blog カラーブラッシュアートの鎌田惺舟(かまたせいしゅう)のブログになります。

https://www.brush-art-japan.com/blog/

 

Homepage ホームページです。

https://brush-art-japan.com

 

 

How to improve the character ⑤ The theme this time is "Poke".

 

 

The way in which this character works is in Seisyu Kamata's personal opinion, so it may be unusual, but thank you.

 

 

I think you can imagine kendo and spears, but also in writing

 

 

It is very important to write beautiful characters (easy to read and easy to read).

 

 

Do you want to write beautiful characters even if it takes time?

 

 

Would you like to write beautiful, easy-to-read characters as fast as possible?

 

 

You may be required to write in a hurry.

 

 

If you can not read when you review it later, you do not know some,

 

 

I think it doesn't help. Someone who records it is okay if you record it later

 

 

I don't think there are many people who transcribe again.

 

 

It is easy to imagine that if you listen to the recording and you do not understand it unless you transcribe it, you will run out of time.

 

 

So first of all, beautiful characters (letters that are easy to read) are important.

 

 

If you value beautiful notes, you haven't done it quickly.

 

 

So it is necessary to "poke". When writing characters, for example, "medium."

 

 

As explained in ④, make sure that you can "poke" if you clear "open hand".

 

 

Yeah, "中", leave the long side of the mouth, and leave the last vertical line at least "Poke"

 

 

You will definitely write better! First, hold down when writing that vertical line

 

 

I think few people can write straight and clean. "Rebound" and "Rhythm" which have been explained

 

 

As a matter of fact, you can draw beautiful straight lines by pushing up from the bottom.

 

 

 

I want to say that I can write this quickly, but it requires a little training.

 

 

 

 

Even if you write quickly this way, you will be able to draw beautiful lines. The theme this time was "Poke"