· 

字がうまくなる方法④「手を解放する」

字がうまくなる方法④「手を解放する」

今回は「手を解放する」です。

リズムをつけたときに生じた反動を受け止めるためには

反動が)が必要だということもお伝えしました。

今回は「手を開放する」です。どんなにリズムだの

何だのって言っても、肝心の腕や手や肩に力が

入っていては何にもなりません。

たぶん、子供のときに「字はきれいに書かなきゃ」

「字には性格が出るんだぞー」「文字のきれいのは一生得をする」

「姿勢をまっすぐに」「鉛筆の持ち方はこう」

(言ってましたが。。)などと言われて、体や心に染み付いてしまって

動きを止めている心の問題がある場合があります。

考えてみればほとんどこのタイプが多いかもしれません。

そんな場合は、心や腕や手や指を開放してあげる必要があります。

心はそんなに簡単に催眠術ではできるかもしれませんが、

「はいっ」という具合に開放できませんが、

力を抜くことで腕や手ならば開放できます。

自律訓練法で腕のぬくもりを自分で感じて力を抜いていくという

方法がありますが。私の場合は、

墨がついていない筆で持ったまま、腕ごと大きな丸を書きます。

たて(遠くから近く)・よこ(左右)に腕を移動させて十字を切ります。

ほとんどの場合、向こうから手前の動きができにくいです。

つまり、遠くから近く、普通に筆を持った状態でおなかのほうに

動かないのです。肩がガチガチで腕に力が入っている人が多いです。

脇が閉まっていてゆとりが無いのです。肩のストレッチは

別の機会にするとして、腕や手が自由に動く状態にするということです。

筆の持ち方もありますが今回は「手を開放する」

ということで書かせていただきました。

 

------------------------------------------------------------------

 

このブログはカラーブラッシュアート(カラー書道)をしています、鎌田惺舟のブログです。

書道を5歳から行っていましたのでその経験を書かせていただいております。

皆様のお役に立てれば幸いです。ではまた。


カラーで書作品のブラッシュアートホームページ/Homepage

https://brush-art-japan.com


Facebook/
フェイスブック

https://www.facebook.com/SeisyuKamata

インスタグラム/Instagram

https://www.instagram.com/brush.art.japan/

How to improve the character ④ "Release hands"

 

This time, "release your hands".

 

To catch the recoil that occurs when you add rhythm

 

I also told you that (reaction) is necessary.

 

This time, I'll release my hands. How rhythm

 

No matter what I say, my strength is in my arms, hands and shoulders

 

If it's in, it doesn't do anything.

 

Maybe when I was a kid, I had to write the letters neatly.

 

"The character has a personality." "The character is beautiful for the rest of your life."

 

"Stay straight" "Hold the pencil like this"

 

(I was saying...) and soaked in my body and mind

 

There may be a mental problem that has stopped moving.

 

If you think about it, this type may be the most.

 

In such cases, you need to open your heart, arms, hands and fingers.

 

The mind may be so easy to hypnotize,

 

You can't open it like "Hai",

 

You can release your arms and hands by relaxing.

 

It is said that you will feel the warmth of your arm yourself and lose power with the autonomous training method.

 

There are ways. In the case of I,

 

While holding it with a brush without ink, write a big circle with each arm.

 

Move the arm vertically (from far to near) and horizontally (left and right) to cut a cross.

 

In most cases, it is difficult to move forward from the other side.

 

In other words, from the distance, close to the belly with a normal brush

 

It doesn't move. Many people have stiff shoulders and strength in their arms.

 

The sides are closed and there is no room. Shoulder stretch

 

Another opportunity is to keep your arms and hands free to move.

 

There is also a way to hold the brush, but this time "open your hands"

 

So I wrote it.

 

 

 

-------------------------------------------------- ----------------

 

This blog is done by Kaname Yoshifune who is doing color brush art (color calligraphy).

 

I have been doing calligraphy since I was 5 years old, so I would like to write about that experience.

 

We hope you find it useful. see you.

 

 

 

Blush art homepage/Homepage

 

 

https://brush-art-japan.com

 

 

Facebook/Facebook

 

 

https://www.facebook.com/SeisyuKamata

 

Instagram

 

 

https://www.instagram.com/brush.art.japan/