· 

字がうまくなる方法③「反動」

 字がうまくなる方法③は「反動」です。

この字がうまくなる方法は私個人の見解ですので

「あーまた言ってるわ~」と気軽にご覧いただければ幸いです。

反動というのは一つの線を書いたその反動で次の線を

書くというものです。例としては漢字の「大」でご説明するとします。

「大」の一画目を書いたあとに次の二画目に入るときには

一度下から突き上げてその反動で書くということです。

一画目の最後には次に移る反動が生じているのです。

これが次に移るためにいきおいをつけて次の線では

その反動を受け取る必要があります。

そこに次に移る→「受け取る」が生まれます。

反動をを利用して二画目に移り上につきあがってからの

「左はらい」につながります。

それを二画目で受け取る筆意(筆の勢い)が必要になるのです。

その受け取ったもののことを起筆(入り口)、「始筆(しひつ)」

には反動が生まれるということになります。

皆さんはジャンプをするとき足を屈伸してジャンプすると思います。

その「ため」が文字には必要ということです。

文字を書くときも同じなのです。野球で球を取った時と

次に球を投げる動作と、また次の人は受取る動作が必要ということです。

スムーズに文字を書くには反動が必要だということです。

一回一回止まってまた初めから行くということではないということです。

その間を線を受け取るときにイメージを重ねてほしいと思います。

受け取るときにその衝撃を抑えるためにグローブを少し引いて使う

上級者もありますがそこまで考えなくてもいいと思います。

ただ、次の線に行く反動を受け取ることで線の方向も変わって

くるということです。今日のテーマは「反動」ということでした。

-----------------------------------------------------------------

 

このブログはカラーブラッシュアート(カラー書道)をしています、鎌田惺舟のブログです。

書道を5歳から行っていましたのでその経験を書かせていただいております。

皆様のお役に立てれば幸いです。ではまた。


カラーで書作品のブラッシュアートホームページ/Homepage

https://brush-art-japan.com


Facebook/
フェイスブック

https://www.facebook.com/SeisyuKamata

インスタグラム/Instagram

https://www.instagram.com/brush.art.japan/

カラーで書作品カラーブラッシュアート鎌田惺舟のブログ/Blog

https://www.brush-art-japan.com/blog/

カラー書作品のTシャツ・バッグ/Goods sales

https://suzuri.jp/Seisyu

 

Method ③ to improve the character is "recoil".

 

It's my personal view on how this letter works

 

I would be happy if you could feel free to read "I'm saying that again".

 

The reaction is that one line is written and the next line is the reaction.

 

It is writing. As an example, let's take the large Kanji as an example.

 

After writing the first stroke of "Large", when entering the second stroke

 

It means to push up from the bottom and write in the reaction.

 

At the end of the first stroke, there is a recoil that moves to the next.

 

Add this to the next line and move on to the next line

 

You need to receive that reaction.

 

Next move there → "Receive" is born.

 

After using the reaction to move to the second stroke

 

It leads to "Left side".

 

It is necessary to have the motivation (the momentum of the brush) to receive it in the second stroke.

 

What you received is the brush (entrance), "Opening brush"

 

There will be a reaction to.

 

I think everyone jumps by stretching their legs when jumping.

 

It means that the "collection" is necessary for letters.

 

It is the same when writing letters. When I got a ball in baseball

 

The next action is to throw the ball and the next one to receive it.

 

This means that you need a reaction to write smoothly.

 

It does not mean that you must stop and go again from the beginning.

 

I want you to overlap the image when you receive the line in the meantime.

 

When you receive it, pull the glove a little to reduce the impact

 

There are advanced people, but I don't think you have to think that much.

 

However, the direction of the line also changed by receiving the recoil that goes to the next line

 

Is to come. Today's theme was "recoil."

 

-------------------------------------------------- ---------------

 

This blog is done by Kaname Yoshifune who is doing color brush art (color calligraphy).

 

I have been doing calligraphy since I was 5 years old, so I would like to write about that experience.

 

We hope you find it useful. see you.

 

 

 

Blush art homepage/Homepage

 

 

https://brush-art-japan.com

 

 

Facebook/Facebook

 

 

https://www.facebook.com/SeisyuKamata

 

Instagram

 

 

https://www.instagram.com/brush.art.japan/

 

Calligraphy in Color Color Blush Art Kamifune Kamifune's Blog/Blog

 

 

https://www.brush-art-japan.com/blog/

 

Color book T-shirts/bags/Goods sales

 

 

https://suzuri.jp/Seisyu