· 

字がうまくなる方法②「遅速」

字がうまくなる方法②

今回の字がうまくなる方法は「遅速」です。

遅い速いを付けるということです。

前回は「リズム」ということで書いております。

リズムは弾むこと、遅速はメリハリをつけるということです。

学校の授業で急いでノートをとらなきゃいけないときは、

一定の速さですらすらと書いていると思います。

その時に、少しゆっくり書くところと遅いところをつけてみてください。

ポイントとなるところで止めてみるということです。

例えば縦棒を書く時の上の部分。

最後の格の横棒を書くところは、ゆっくりと書くということです。

そうするとその文字の一文字を書きながら次の文字は

何かを確認する時間も取れますしなおかつ、リズム感も生まれます。

そして読みやすい文字になるということですが、

それはやはり確認しながらはじめは注意深く書くということです。

はじめはメリハリはつけにくいと思いますが、

根気よく続けてみてください。

その速いところを遅いところをできれば〇△などと記号を

書くことも大変良いことだと思います。まったく気にしなくていいです。

リズムをつけるってあったな~。ゆっくりと速いもあったな~。

という具合に。

たとえば、ひらがなの「あ」の一画目と二画目までは

ゆっくり書いて残りはリズムをつけて早く書いたほうが、

そこに空気が入って読みやすいしきれいに書けるということです。

あの三角目の丸く曲がるところはゆっくりと書くといった具合です。

以前、金子欧亭(かねこおうてい)先生が監修していた

書法の本を読んだことがあるのですが、まるで音符を書いたような

書法の説明がありました。今にも通じるものだと思いますが、

現在は持っておらず、記憶の中でしかありません。

遅速をどのように表示するか昔の書道家も苦心していたようです。

音楽好きの人なら興味を持って取り組んでくれると思います。

今日のテーマは「遅速」でした。

 

-----------------------------------------------------------------

 

このブログはカラーブラッシュアート(カラー書道)をしています、鎌田惺舟のブログです。

書道を5歳から行っていましたのでその経験を書かせていただいております。

皆様のお役に立てれば幸いです。ではまた。


カラーで書作品のブラッシュアートホームページ/Homepage

https://brush-art-japan.com


Facebook/
フェイスブック

https://www.facebook.com/SeisyuKamata

インスタグラム/Instagram

https://www.instagram.com/brush.art.japan/

カラーで書作品カラーブラッシュアート鎌田惺舟のブログ/Blog

https://www.brush-art-japan.com/blog/

カラー書作品のTシャツ・バッグ/Goods sales

https://suzuri.jp/Seisyu

How to improve the character ②

 

The way to improve the character this time is "slow".

 

It means slow and fast.

 

Last time I wrote about "rhythm".

 

Rhythm is bouncing, and slowness is sharp.

 

When you have to rush to take notes in a school class,

 

I think you are writing even at a certain speed.

 

At that time, try writing slowly and slowly.

 

It means stopping at the point.

 

For example, the upper part when writing a vertical bar.

 

The last place to write the horizontal bar is to write slowly.

 

Then, while writing one character of that character, the next character

 

You can take time to check something, and at the same time, a sense of rhythm is created.

 

And it means that it will be easy to read,

 

It means to write carefully while confirming it.

 

At first, I think it's difficult to add sharpness, but

 

Please continue patiently.

 

If you can make the fast part the slow part, mark it as ◯△

 

I think writing is also very good. You don't have to worry about it at all.

 

There was a rhythm! It was slow and fast too.

 

And so on.

 

For example, up to the first and second strokes of hiragana

 

It's better to write slowly and write the rest with a rhythm

 

It means that there is air in it and it is easy to read and you can write it neatly.

 

The place where the triangle-shaped curve bends slowly is like writing slowly.

 

Previously, was supervised by Professor Kaneko Otei

 

I've read a calligraphy book, but it's like I wrote a note

 

There was an explanation of the calligraphy. I think it's something you can still understand,

 

I don't have it now, but only in my memory.

 

It seems that old calligraphers were also struggling with how to display slow speed.

 

I think that people who like music will be interested in it.

 

Today's theme was "slow&fast".

 

-------------------------------------------------- ---------------

 

This blog is done by Kaname Yoshifune who is doing color brush art (color calligraphy).

 

I have been doing calligraphy since I was 5 years old, so I would like to write about that experience.

 

We hope you find it useful. see you.

 

 

 

Blush art homepage/Homepage

 

 

https://brush-art-japan.com

 

 

Facebook/Facebook

 

 

https://www.facebook.com/SeisyuKamata

 

Instagram

 

 

https://www.instagram.com/brush.art.japan/

 

Calligraphy in Color Color Blush Art Kamifune Kamifune's Blog/Blog

 

 

https://www.brush-art-japan.com/blog/

 

Color book T-shirts/bags/Goods sales

 

 

https://suzuri.jp/Seisyu