字がうまくなる方法①

 

私が「書道を仕事にしています」といいましたら

 

 

 

決まってこういうことを言われます。「私は、小学校で書道を習ったっきりまったくご無沙汰です。

 

 

 

 

文字のうまい人は得ですよね。」といわれることがあります。

 

 

 

 

私は5歳のときから書道をしており、楽しんで書道教室に通い、書道の奥深さに魅せられて

 

 

 

 

どっぷり入り込んでおります。

 

 

 

 

私が字がうまくなる方法について思うのは「リズム感」だと思っています。

 

 

 

 

リズム感てなんのこと?書道にリズム感がいるの?ということになると思います。

 

 

 

 

私の知人で”かな”の書道家でかなの研究・作品制作をしております。

 

 

 

 

彼女が言うには、かなの書道家は「歌がうまい」と自負していました。

 

 

 

 

「どうして~?」ということになると思いますが、全体にリズムが必要です。

 

 

 

 

かなは特にやはりリズム感が無いと作品制作できないということでした。

 

 

 

 

リズム感を習得したいと思う方は私は「高野切三種」(平安時代のかなの教本)から始めることがいいと思いますが

 

 

 

 

ダンスや音楽を聞くこともリズム感を養うのには良いと思います。

 

 

 

 

その後、そのかなの研究者と共通の知人と3人でカラオケに行くことになるのですが。。

 

 

 

 

 

 

よく社長さんや、役席の方はサインや文字を書く機会があるらしくご相談を受けることがあるのですが

 

 

 

 

リズムはこれから書くほかのポイントも同時にしなければなりませんのでリズムが大切だということを

 

 

 

 

なんとな~く聞いててくださればいいと思います。

 

 

 

 

 

 

では、かる~く腕や指先を自由にさせてあげてから始まります。

 

 

 

 

たとえば、「あ」の横線の一画目と二画目の間には見えない線が存在しているのです。

 

  

 

それには「イッッッチニ-ッ」という弾むようなリズムが必要になります。

 

  

 

一画目ら弾むことが大事です。 

 

 

 

こんどから文字をリズムを意識してみてください。

 

 

 

 

「字がうまくなる方法」というとなんだか肩に力が入ってしまいますが

 

 

 

何も考えずにボートして取り組んでいただければと思います。^^

 

 

 

 

ではこれからもよろしくお願いしま~す。

 

 

---------------------------------

 

 

 ※下記のリンクでカラーブラッシュアートの作品が観れますのでよかったどうぞ。

 

 

 

facebook フェイスブックです。近況や作品などを紹介しています。

https://www.facebook.com/SeisyuKamata

 

 

 

Instagram インスタグラムで作品を掲載しいています。

https://www.instagram.com/brush.art.japan/

 

 

Blog カラーブラッシュアートの鎌田惺舟(かまたせいしゅう)のブログになります。

https://www.brush-art-japan.com/blog/

 

 

Homepage ホームページです。

https://brush-art-japan.com

 

 

NetShop カラーブラッシュアートの作品を購入することができます。

https://colorshodo.base.shop

 

 

If I say "I'm working on calligraphy"

 

 

 

 

 

 

 

I always say something like this. "I have never learned calligraphy in elementary school.

 

 

 

 

 

 

 

People who are good at writing are profitable. ".

 

 

 

 

 

 

I have been doing calligraphy since I was 5 years old, and I enjoyed going to the calligraphy class and being fascinated by the depth of calligraphy

 

 

 

 

 

 

We are deeply involved.

 

 

 

 

 

 

What I think about how to get better at writing is "rhythm".

 

 

 

 

 

 

What is a sense of rhythm? Is there a sense of rhythm in calligraphy? I think that will be.

 

 

 

 

 

 

My acquaintance is a kana calligrapher who studies and works on kana.

 

 

 

 

 

 

She said the kana calligrapher was proud of the song being good.

 

 

 

 

 

 

I guess it's like, "Why?"

 

 

 

 

 

 

 

Kana was, in particular, unable to produce works without a sense of rhythm.

 

 

 

 

 

 

 

If you want to learn the rhythm, I think it's good to start with "Takano Kiriki"

 

 

 

 

 

 

 

I think that dancing and listening to music are good ways to develop a sense of rhythm.

 

 

 

 

 

 

 

After that, I will go to karaoke with Kana's researcher and a common acquaintance. .

 

 

 

 

 

 

 

The president and officers often have the opportunity to write autographs and letters, so they are often consulted.

 

 

 

 

 

 

 

Rhythm is important because I have to do other points to write at the same time

 

 

 

 

 

 

 

I hope you can listen to it.

 

 

 

 

 

 

 

Then, let's start with giving your arms and fingertips freely.

 

 

 

 

 

 

 

For example, there is an invisible line between the first and second strokes of the "A" horizontal line.

 

 

 

 

 

To do this, you need a bouncy rhythm called “itch-ni”.

 

 

 

 

 

It is important to bounce on the first stroke.

 

 

 

 

 

Please try to be aware of the rhythm of letters from now on.

 

 

 

 

 

If you say "how to improve your character"

 

 

 

 

 

I hope you can work without thinking anything. ^^

 

 

 

 

 

Thank you in the future.

 

 ------------------------

 

 

 

 

facebook 

https://www.facebook.com/SeisyuKamata

 

 

 

Instagram 

https://www.instagram.com/brush.art.japan/

 

 

Blog 

https://www.brush-art-japan.com/blog/

 

 

Homepage 

https://brush-art-japan.com

 

 

NetShop 

https://colorshodo.base.shop