ジャパンEXPO出展のお誘い

自然体でブログを書くといったので、これからはブログに悩みを打ち明けようと思います。

 

 

3日前、ジャパンEXPOに参加しませんか、とお話がありました。今年の7月なのですが、ちょっと悩んでいます。

 

 

こう悩んでいるうちに、人通りの良いブースが無くなってしまうということは知っているのですが。

 

 

「はーい、カラー書道 鎌田惺舟参加しまーす!」と簡単に言えないのであります。

 

 

ジャパンEXPOは一昨年も見送ったイベントです。

 

 

昨年はおかげさまでunknown asiaに出展させていただき、良い経験をさせていただきました。

 

 

昨年は書道家が3名出展するという珍しい状態でおかげさまで出展させていただけました。

 

 

unknown asiaの出展者だから、今年も!と言うことにはならないみたいで審査がありますので結果待ちという状態です。

 

 

unknown asia に出展したのでジャパンEXPO出展のお誘いがありました。

 

 

パリのイベントでは現地でパフォーマンスをしても良いと言ってくださっていますが。

 

 

私のカラー書道作品「昇龍」を気に入ってくださったとお電話では言ってくださってます、本当にありがたい話です。

 

 

もし、出てもらえるなら「昇龍」をパフォーマンスの舞台で書いてくださいとのことでした。

 

 

 

昇龍や蝶や華の作品を見てすぐに生まれたものではありません。不器用な私はとても時間が必要です。

 

 

けれど、個展など目標が無ければ作品が生まれないのも事実で、ずっと作品のことは頭の隅にあり

 

 

紙の前に向かうと一気にはじけ飛ぶ感じです。これが一瞬で書けたらどれだけすばらしいことですね。

 


I'm writing a blog naturally, so I'm going to talk about my blog.

 

 

 

 

Three days ago, I was told to join Japan EXPO in Pari. It is July this year, but I am a little worried.

 

 

 

 

I know that while you are worried about this, there will be no good booths.

 

 

 

 

It's not easy to say, "Hello, color calligraphy, Kamata Satune!"

 

 

 

 

Japan EXPO is an event that we saw off last year.

 

 

 

 

Last year, we exhibited at unknown asia and we had a good experience.

 

 

 

 

Last year we were able to exhibit thanks to the unusual condition of three calligraphers exhibiting.

 

 

 

 

As an exhibitor of unknown asia, this year too! It seems that it will not be said that there is a review and it is in a state of waiting for the result.

 

 

 

 

Since I exhibited at unknown asia, I was invited to participate in Japan EXPO.

 

 

 

 

You said that you can perform locally at a Paris event.

 

 

 

 

He said on the phone that he liked my color calligraphy "Shoryu", which is a truly thankful story.

 

 

 

 

If you can get out, please write "Shoryu" on the stage of the performance.

 

 

 

 

It was not born immediately after seeing the works of the dragons, butterflies and flowers. Clumsy I need a lot of time.

 

 

 

 

However, it is also true that without a goal such as a solo exhibition, a work will not be created, and the work will always be in the corner of my head

 

 

 

 

When you go to the front of the paper, it feels like it flies at a stretch. How wonderful is this to be able to write in an instant?