木簡の筆使い

テーマは「書道と色彩の調和」ということで22日にプレゼンをすることになりました。

     

 

私がどうして手をあげてしまったのか、ちょっと無謀な挑戦をしてしまいました。

 

プレゼンの資料を作るごとに、「木簡の筆づかい」ということがキーワードになってしまいました。

 

カラー書道を研究して作品にしていくほどに筆づかいが必要になってきたと資料にまとめていくと、このことに気付いてきました。(もっと早く気付くべき)

 

でも、これは、書道を勉強してきたからの結論です。たぶんみんな同じようには出来ず、自分の味が出てしまうのかな。いやいや、わたしの先生はお手本の見方を定規を持ってミリ単位で説明する人だってので。

 

腕に刻んできたものが違うから当たり前といえば当たり前です。

 

特に私は、ちょっと人と違うといわれ続けてきました。

それもすべて自分なので謹んで受け止めたいと思う今日この頃です。

 

木簡の筆づかいについては、プレゼンでお話ししたいと思いますので

 

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

facebook フェイスブックです。近況や作品などを紹介しています。

https://www.facebook.com/SeisyuKamata

 

 

facebook Page フェイスブックページになります。

https://www.facebook.com/Color-Shodo-Seisyu-Kamata-104693911099642/

 

 

Instagram インスタグラムで作品を掲載しいています。

https://www.instagram.com/brush.art.japan/

 

 

Blog カラーブラッシュアートの鎌田惺舟(かまたせいしゅう)のブログになります。

https://www.brush-art-japan.com/blog/

 

 

Homepage ホームページです。

https://brush-art-japan.com

 

 

 

 

 

I'm going to publish on the 22nd of this month.

 

 

 

 

 

 

 

I tried a little recklessly why I raised my hand.

 

 

 

Every time I made a presentation material, the key word was "Writing a wooden script".

 

 

 

If you summarize in materials that you need a brushstroke enough to study color calligraphy and make it into a work

 

 

 

I have noticed. (Should be noticed sooner)

 

 

 

But this is a conclusion from studying calligraphy

 

 

 

It turns out that maybe everyone doesn't do the same.

 

 

 

It is natural to say that it is natural because what is carved on the arm is different.

 

 

 

Especially, I have been said to be slightly different from other people.

 

 

It's around this time that I want to take it seriously because it's all myself.

 

 

 

I would like to talk about the writing of a wooden script in a press

 

 

 

Thank you very much.

 

 

 

 

 

facebook 

https://www.facebook.com/SeisyuKamata

 

 

facebook Page 

https://www.facebook.com/Color-Shodo-Seisyu-Kamata-104693911099642/

 

 

Instagram 

https://www.instagram.com/brush.art.japan/

 

 

Blog 

https://www.brush-art-japan.com/blog/

 

 

Homepage 

https://brush-art-japan.com