TOP

カラーブラッシュアート

カラーブラッシュアートⓇとは、カラーを使った筆芸術です

日本文化として長い間親しまれ、守られていた書道に色彩を使うことで新しい世界が広がりました。

 

 

 

カラーブラッシュアートで「心を癒せるカラー書道」をテーマにしています。

 

 

 

 

 

具体的には、書道の基礎となる筆使いや書法・技法をとして基礎を踏まえて作品作りをしています。

 

 

 

 

 

そしてその作品に芸術的観点を付加させ、グラデーションや多色使い、

 

 

 

 

 

立体的に見える工夫を用いて、独自の世界観を確立しています。

 

 

 

 

 

カラーブラッシュアートをするにあたり、はじめは「色彩で書いてみたい」それだけでした。

 

 

 

 

 

その後、色彩には人間の深層心理に影響を与える力があることを知りました。

 

 

 

 

 

青には心を冷静にし、信頼や誠実というイメージがあります。

 

 

 

 

 

緑の色は、安らぎや平和を表わし、心を穏やかにする効果があります。

 

 

 

 

 

他にも色彩が人間に与える効果はたくさんあることを知りました。 

 

 

 

 

作品を一瞬で制作するということは一期一会、武道のような趣もあります。

 

 

 

 

 

作品を作れるまでの時間は長く時間が必要です。

 

 

 

 

そして二度と同じものを書くことができません。

 

 

 

 

書くためには漢字の意味を知り、精神を落ち着け集中して書かなければなりません。

 

 

 

 

そんな一瞬の芸術に取り組むことはとても楽しく、美しいアートにつながります。

 

 

 

 

日本の春夏秋冬を表現ができたり、たくさんの書体を表現できるという利点があります。

 

 

 

 

楷書・行書・草書・隷書・篆書、ほかにも書体がたくさんあります。

 

 

 

 

カラーブラッシュアートでは漢字の意味を知り、ふさわしい書体を選び、そこから

 

 

 

 

イメージを膨らませてカラーで描くことができます。

 

 

 

 

色彩で人間の深層心理を深く知ることができます。逆に自分をさらけ出すことにつながります。

 

 

 

 

独自の世界観を自由に表現できることでもっと追求してみたいと思っています。

 

 

 

 

また線の質を知り、筆でできることの多さに驚きます。

 

 

 

 

書にはリズム、筆づかい、筆の開閉、緩急、力の抜き方などを知ることができます。

 

 

 

 

紙との対話をすることで新しい発想が生まれてくるような気がしています。

 

 

 

 

私が書道から離れられない理由でもあります。

 

 

 

 

 

The use of color in calligraphy that has long been a familiar and protected Japanese culture has opened up a new world.

 

 

 

 

The theme is "color calligraphy that can heal the mind" with color brush art.

 

 

 

 

 

Specifically, I make works based on the brushstrokes, calligraphy and techniques that are the basis of calligraphy.

 

 

 

 

 

And add an artistic perspective to the work, using gradations and multicolors,

 

 

 

 

 

 

Using a device that looks three-dimensional, a unique world view has been established.

 

 

 

 

 

When doing color brush art, at first I just wanted to write in color.

 

 

 

 

 

 

 

Later, I learned that color has the power to affect the deep psychology of humans.

 

 

 

 

 

 

Blue has the image of calmness, trust and honesty.

 

 

 

 

 

 

 

The green color represents peace and peace and has a calming effect.

 

 

 

 

 

 

 

I learned that color has many other effects on humans.

 

 

 

 

 

 

 

Producing a work in an instant is a once-in-a-lifetime chance, something like martial arts.

 

 

 

 

 

 

It takes a long time to create a work.

 

 

 

 

 

 

 

And you can never write the same thing again.

 

 

 

 

 

 

 

In order to write, you must know the meaning of kanji, and calm down and concentrate on writing.

 

 

 

 

 

 

 

Working on such an instant art is very fun and leads to beautiful art.

 

 

 

 

 

 

 

It has the advantage of being able to express Japanese spring, summer, autumn and winter, as well as many typefaces.

 

 

 

 

 

 

There are a lot of typefaces, such as block style, line style, cursive style, slave style, seal style.

 

 

 

 

 

 

 

In color brush art, you know the meaning of kanji, choose the appropriate typeface, and from there

 

 

 

 

 

 

 

You can inflate the image and draw in color.

 

 

 

 

 

 

 

You can know the deep psychology of human beings deeply with colors. On the contrary, it leads to exposing yourself.

 

 

 

 

 

 

 

I want to pursue more by being able to freely express my unique worldview.

 

 

 

 

 

 

 

Also, knowing the quality of the lines, you will be surprised at the many things you can do with a brush.

 

 

 

 

 

 

 

In the calligraphy, you can know the rhythm, how to write, open and close the brush, how fast it is, how to relax, etc.

 

 

 

 

 

 

 

I feel that talking with paper creates new ideas.

 

 

 

 

 

 

 

That's why I can't leave calligraphy.

日本文化として長い間親しまれ、守られていた書道に色彩を使うことで新しい世界が

 

広がりました。

 

カラーブラッシュアートで「心を癒せる書道」をテーマに作品作りをしています。

 

 

具体的には、書道の基礎となる筆使いや書法・技法をとして大切に守っています。

 

 

そしてその作品に芸術的観点を付加させ、グラデーションや多色使い、立体的に見える

 

工夫を施して、独自の世界観を確立しています。

 

カラーブラッシュアートをするにあたり、はじめは「美しい書作品を作りたい」それだけでした。

 

色彩には人間の深層心理に影響を与える力があることを知りました。

 

青には心を自然に冷静にし、信頼や誠実というイメージがあります。

 

緑の色は、安らぎや平和を表わし、心を穏やかにする効果があります。

 

他にも色彩が人間に与える効果はたくさんあることを知りました。 

 

作品を制作するということは一期一会、武道のような趣もあります。

 

二度と同じものを書くことができません。

 

書くためには漢字の意味を知り、精神を落ち着け集中して書かなければなりません。

 

そんな書道をカラーにするだけで楽しく、美しいアートが出来上がるのです。

 

日本の春夏秋冬を表現ができたり、たくさんの書体を使用することができるという利点があります。

 

楷書・行書・草書・隷書・篆書、ほかにも表現でいる書体があります。

 

ブラッシュアートでは漢字の意味を表現するにふさわしい書体を選び、そこから

 

イメージを膨らませてカラーで描くことができます。

 

カラーで書道というと疑問をいだく方がいるかもしれません。色彩で人間の深層心理を深く知ることができます。

 

また書道を深く追求することで線の質を知り、筆でできることの多さに驚くことでしょう。

 

そしてリズムにのった筆使い、筆の開閉、緩急をつける書き方も知ることができます。

 

筆文字には書く人の精神状態が現れます、紙との対話をすることで心を無にし、

 

集中することで真っ白な世界から生まれる新しい自分に出会うことができるのです。

 

私が書道から離れられない理由でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

By using colors for calligraphy that has been familiar and protected for a long time as a Japanese culture, a new world It spread.

 

I am working on the theme of "calligraphy that can heal my heart" with color brush art.

 

Specifically, we carefully respect the brushstrokes, calligraphy and techniques that form the basis of calligraphy.

 

And it adds an artistic perspective to the work, uses gradations, multicolors, and looks three-dimensional

 

By devising it, we have established a unique world view.

 

When doing Color Brush Art, at first I just wanted to make a beautiful book.

 

I learned that color has the power to affect the deep psychology of humans.

 

Blue has the image of calmness, trust and sincerity.

 

The green color represents peace and peace and has a calming effect.

 

I learned that color has many other effects on humans.

 

Creating a work is like a martial art, once in a while.

 

You can't write the same thing again.

 

In order to write, you must know the meaning of kanji, and calm down and concentrate on writing.

 

Just by making such Color Brush Art, fun and beautiful art is completed.

 

It has the advantage of being able to express Japanese spring, summer, autumn and winter, and being able to use many typefaces.

 

There are other typefaces that use expressions, such as block, line, cursive, slave, and seal.

 


In brush art, select a typeface suitable for expressing the meaning of kanji, and from there

 

You can inflate the image and draw in color.

 

You may be asking about Color Brush Art. You can know the deep psychology of human beings deeply with colors.

 

In addition, you will be surprised at the quality of the line and the many things you can do with a brush by pursuing calligraphy deeply.

 

You can also learn how to use the brush in a rhythm, open and close the brush, and write slowly.

 

The calligraphy character shows the mental state of the writer.

 

By concentrating, you can meet a new self born from a pure white world.

 

That's why I can't leave calligraphy.Color Brush Art.



カラーブラッシュアートを推進する意味

カラーブラッシュアートに取り組んで作品を作り続けている意味は、今まで墨一色だった書道を華やかなものに変化させたらどうなるのかという興味から始まり、その可能性を感じたからでした。

カラーブラッシュアートに取り組んで作品を作り続けている意味は、今まで墨一色だった書道を華やかなものに変化させたらどうなるのかという興味から始まりました。

 

色彩を使うことによって癒される作品、華やかな作品を作るという目標を持ち、様々な表現に取り組んでいます。

 

そして少しずつですが、「漢字や文字に興味がわいてきた」、「書道の筆使いをもっと知りたくなってきた」、「書道の筆を作ってくれる職人さんにも興味を持つようになってきました」、「色の心理的作用に興味が出てきました」、「カラーブラッシュアートを習いたい」と、そんな声を実際に若い方から聞くことができるようになってきました。

 

カラーブラッシュアートに取り組む人の増加させたいなど、大それたことは言えませんが、各自で、筆を持つ機会が増えてくださればとささやかながら望んでおります。

 

私自身、カラーブラッシュアートを2010年に始めてからは、自信のなかった自分と向き合うことができ、心を癒される時間を持つことができました。

 

古くから現代まで形を変えながらも息づいている漢字の意味から発する色彩やイメージを表現者が一つの筆に多色をのせて一気に書く、グラデーションも出して立体的に。

 

書き直しができない、二度と同じものは書けない。そのためには、イメージすること、表現してみることが大切です。色彩の作り方も余白の美しさもリズム感なども考えるようになりました。

 

カラーブラッシュアートには、さまざまな可能性があります。

 

カラーブラッシュアートは新しい文化です。

 

 

 

 

 

The meaning of working on color blush art and continuing to create works began with an interest in what would happen if calligraphy, which had been a solid color in the past, changed to a gorgeous one.

 

With the goal of creating works that are healed by using colors and gorgeous works, we are working on various expressions.

 

And little by little, "I became interested in kanji and characters", "I wanted to know more about calligraphy brushwork", "I became interested in craftsmen who make calligraphy brushes "I am interested in the psychological effects of color," and "I want to learn Color Brush Art."

 

I can't say much about trying to increase the number of people who are working on color brush art, but I'm just hoping for more opportunities to have a brush on my own.

 

Since I started Color Brush Art in 2010, I have been able to face my uncertain self and have time to heal my heart.

 

From the old days to the present day, the expressive artist writes the colors and images emanating from the meaning of the kanji that are breathing while changing the shape from a long time ago with one brush in multiple colors.

 

You can't rewrite, you can't write the same thing again. For that purpose, it is important to imagine and express. I came to think about how to make colors, the beauty of margins, and the rhythm.

 

There are many possibilities for Color Brush Art.

 

Color Brush Art is a new culture.



プロフィール

鎌田惺舟(かまた せいしゅう/Seisyu Kamata)は5歳の時から書道をはじめ、

 

 

 

努力すれば級があがることに夢中になり

 

 

 

書道の楽しさにどっぷりはまり夢中になると真っ白で何も聞こえない静寂の時間が好きで自然と続けることになりました。

 

 

 

そして続けているうちに展覧会など数多く出展することになり、漢字・かな・ペン字で師範を取得しました。

 

 

 

定規で測りながらの寸分違わないように指導してくれた指導をしてくれえた師匠にとても感謝しています。

 

 

 

そして書道の本家の先生にご指導を受ける機会があり、古典を勉強する期間を得ました。

 

 

 

それは、形臨・意臨をいうことがあり、その形だけではなく、その作者の気持ちやどの

 

 

 

ような筆癖があるのかを知って学ぶということでした。

 

 

 

その衝撃から、形だけではなくその筆意を学ぶことで創作をしてみたいということになりました。

 

 

 

そして色彩を用いて書くようになるのですが、現在では「癒されるカラーブラッシュアート」ということで

 

 

 

色彩が持つ深層心理、アートとしてのカラーブラッシュアートの役割を研究しています。

 

 

Seisyu Kamata began calligraphy at the age of five,

 

 

 

If you work hard, you will be absorbed in raising the class

 

 

 

When I was absorbed in the fun of calligraphy, I became completely obsessed with the time of silence where I couldn't hear anything.

 

 

 

As I continued, I decided to participate in many exhibitions and so on, and I acquired kanji, kana and pen characters.

 

 

 

I am very grateful to the teacher who gave me guidance that I did not make any difference while measuring with a ruler.

 

 

 

I had the opportunity to receive instruction from the calligraphy teacher, and I had a period to study classics.

 

 

 

It may refer to the form and the intention, not only the form but also the feelings of the creator and

 

 

 

It was to learn by knowing that there was such a writing habit.

 

 

 

From that shock, I decided to create by learning not only the shape but also the brushwork.

 

 

 

And I will write using colors, but now it is called "healing color brush art"

 

 

 

I am studying the deep psychology of color and the role of color brush art as art.



主な活動実績

2009.7     大阪天神橋筋商店街内の書道教室開講

 

 

 

2009.8~2010.1 近畿の大手墓石会社での墓石の文字を揮毫

 

 

 

2010.7   京都八坂の「八坂」茶屋にてカラー書道展開催

 

 

 

2012.5   「色彩と書道の調和」の研究に取り組む

 

 

 

2012.8   大阪学習センターにてカラーブラッシュアート展 開催

 

 

 

2016.6   大阪誠華堂ギャラリーにてカラーブラッシュアートⅡを開催

 

 

 

2017.6   大阪ピアスギャラリーにて「協業展 」に参加

 

 

 

2017.10  イタリアミラノ「日本人によるグループ展」出展

 

 

 

2018.1   兵庫県尼崎ギャラリーにてカラーブラッシュアート展Ⅲ開催

 

 

 

2018.9   大阪市北区 中津ピアスギャラリーにてカラーブラッシュアート展Ⅳ開催

 

 

 

2019.2   大阪市と姉妹都市であるミラノでの展示、クールジャパン部門入賞

 

 

 

2019.4   イタリアミラノ デザインウィークに展示

 

 

 

2019.5.17〜19 大阪OBPにて「OASIS2019」大阪展出展

 

 

 

2019.6.23~7.23 フランスパリ「OASIS2019」パリ展 ファレルギャラリーに出展

 

 

 

2019.10   大阪グランフロントにてUNKNOWN ASIAに出展

 

2009.7 書 Calligraphy class in the Tenjinbashisuji shopping street in Osaka

 

 

 

2009.8-2010.1 Writing on tombstones at a major gravestone company in Kinki

 

 

 

2010.7 Color calligraphy exhibition held at Yasaka teahouse in Yasaka, Kyoto

 

 

 

2012.5 Work on research on “harmony between color and calligraphy”

 

 

 

2012.8 Color brush art exhibition held at Osaka Learning Center

 

 

 

2016.6 Color Blush ArtⅡ held at Osaka Seikado Gallery

 

 

 

2017.6 Participated in “Collaboration Exhibition” at Osaka Pierce Gallery

 

 

 

2017.10 Participated in Milano Italy "Group Exhibition by Japanese"

 

 

 

2018.1 Color brush art exhibition at Amagasaki Gallery, Hyogo

 

 

 

2018.9 Color brush art exhibition held at Nakatsu Pierce Gallery, Kita-ku, Osaka

 

 

 

2019.2 Exhibition in Osaka and sister city of Milan, Cool Japan category prize

 

 

 

2019.4 Exhibited at Milan Design Week in Italy

 

 

 

2019.5.17-19 ” OASIS2019 '' Osaka Exhibition at Osaka OBP

 

 

 

2019.6.23 ~ 7.23 Participated in the OASIS2019 Paris exhibition in Paris, France.

 

 

 

2019.10 出 Exhibit at UNKNOWN ASIA at Osaka Grand Front



受賞歴


1986  創玄展二科入選

 

 

 

1987  毎日展入選 ・創玄展二科入選

 

 

 

1988  創玄展一科入選・創玄展二科入選

 

 

 

1989  創玄展一科入選

 

 

 

1990  創玄展一科入選

 

 

 

1991  毎日展入選

 

 

 

1992  毎日展入選

 

 

 

1993  毎日展入選 ・創玄展一科入選

 

 

 

1994  毎日展入選 ・創玄展一科入選

 

 

 

2019  ミラノジーニアス2019クールジャパン入賞

1986 Sengen Exhibition

 

 

 

1987 Selected for Mainichi Exhibition, Selected for Sougen Exhibition

 

 

 

1988 Selected for Sougen Exhibition and Selected for Sougen Exhibition

 

 

 

1989 Selected for the Sougen Exhibition

 

 

 

1990 Selected for Sougen Exhibition

 

 

 

1991 Selected for Mainichi Exhibition

 

 

 

1992 Selected for Mainichi Exhibition

 

 

 

1993 Selected for Mainichi Exhibition and Selected for Sougen Exhibition

 

 

 

1994 Selected for Mainichi Exhibition ・ Selected for Sougen Exhibition

 

 

 

2019 Milan Genius 2019 Cool Japan Prize