TOP

カラーブラッシュアート

カラー「ブラッシュアートⓇ」とは。

日本文化として長い間親しまれ、守られていた書道に色彩を用い、新しい世界

 

 

が広がった。

 

 

色彩を用いた書道は多いということだけれども、カラーブラッシュアートの作風は

 

 

少し違うようだ。

 

 

カラーブラッシュアートのテーマは「心を癒す」というもの。

 

 

自然と生まれたもので新しいカテゴリーが生まれたと感じるものである。

 

 

その作品制作方法は、書道の基礎となる筆使いや書法・技法を基礎をとして、

 

 

作品に芸術的観点を付加させています。

 

 

筆の技術を用いて創造している。

 

 

そしてその書法・技法を用いながらグラデーションや多色使い

 

 

立体的にも取り組んでいる。

 

 

色彩の書道を表現することから色彩の心理への影響を追求するようになっていった。

 

 

たとえば青色には心を冷静にして、信頼や誠実というイメージ、

 

 

緑色は、安らぎや平和を表わし、心を穏やかにする効果がある。

 

 

イメージだけの世界から深く取り組み作品制作をしている。

 

 

書道には一瞬で制作するという、一期一会、武道のような趣もあります。

 

 

二度と同じものを書くことができないのでその一瞬のために日々の修練および

 

 

独自の創作方法の研究を怠らない。その姿勢を貫いている。

 

 

そんな一瞬の芸術に取り組み創造する楽しみを感じ続ける。

 

 

彼女は「桜」をテーマに作品制作をしている。

 

 

その理由は、カラーブラッシュアートの可能性を追求している挑戦でもあるという。

 

 

書体には楷書・行書・草書・隷書・篆書などの書体があり、その協調できる書体を

 

 

使用している。

 

 

そのイメージには、漢字の生まれた起源だけではなくそこから無限に広がる彼女に

 

 

とっては自然の時間の経過とともに、そこから芽吹くすべての植物や生命を感じながら

 

 

変化していくその一場面を切り取って作品にしているという。

 

 

そこに色彩の心理をも加えるというか意識して加味して

 

 

一つの作品にはより深い思考が埋め込まれている。

 

 

それだから作品から自然のエネルギーを感じるのだろう。

 

 

What is the color "Blush ArtⓇ"

Calligraphy, which has been popular as Japanese culture for a long time

 

 

and uses colors, has expanded into a new world.

 

 

There are many calligraphy styles using colors, but the style of

 

 

color brush art seems to be a little different.

 

 

The theme of color brush art is "to heal the mind".

 

 

It feels like a new category has been born because it was born naturally.

 

 

The method of producing the work is based on the brushstrokes and

 

 

calligraphy and techniques that are the basis of calligraphy.

 

 

An artistic point of view is added to the work.

 

 

Created using brush technology.

 

 

And using the calligraphy and technique, using gradation and multicolor

 

 

He is also working three-dimensionally.

 

 

From expressing the calligraphy of color, I began to pursue the influence

 

 

of color on the psychology.

 

 

For example, in blue, keep your mind calm and have the image of trust

 

 

and honesty,

 

 

Green represents peace and peace and has the effect of calming the mind.

 

 

I work deeply from the world of only images to create works.

 

 

Calligraphy has the feeling of being a martial art, a once-in-a-lifetime event,

 

 

where you make an instant.

 

 

I can't write the same thing again, so for that moment

 

 

Do not neglect research on original creation methods. I keep that attitude.

 

 

I continue to feel the pleasure of working and creating art in such an instant.

 

 

She works on the theme of "cherry blossoms."

 

 

The reason is also the challenge to pursue the possibility of color brush art.

 

 

There are typefaces such as regular writing, line writing, cursive writing,

 

 

slave writing, and Japanese writing, and the typefaces that can be

 

 

cooperated are used.

 

 

The image shows not only the origin of the kanji but also her infinite spread.

 

 

As time goes by, I feel all the plants and life that sprout from it.

 

 

It is said that the one scene that changes is cut out and made into a work.

 

 

Add the psychology of color to it

 

 

Deeper thoughts are embedded in one work.

 

 

That's why I feel the energy of nature from the work.



カラーブラッシュアートを推進する意味

カラーブラッシュアートとは、筆の芸術というこということ。

 

今まで墨一色だった書道がどんな華やかなものに変化するのか

 

その無限の可能性に惹かれていったからという。

 

彼女の作品の代表としては「桜」という作品がある。どうして桜をテーマに作品制作を

 

しているのかそれは、紙の白色に近い色彩をまず表現したかったという。

 

単に色彩で描くだけでなく、それを立体的にすることにより新しいカテゴリーのように

 

カラーブラッシュアートを確立したかったという。

 

そして少しずつ人々の反応を聞く機会ができたそうです、「漢字や文字に興味がわいて

 

きた」、「書道の筆使いをもっと知りたくなってきた」、「書道の筆を作っている

 

職人さんにも興味を持つようになった」、「色の心理的作用に興味が出てきた」

 

「カラーブラッシュアートを習いたい」という声も聞こえてくるようになったという。

 

彼女がカラーブラッシュアートを続けることで新しい文化に興味を持ってもらいたい

 

と思うようになったらしい。

 

2010から、徐々に作品を制作するようになって京都で初めてのカラーでの作品を制作

 

してからは少しずつ変化していって現在の形になってきたという。

 

そのうちに自分をさらけ出すことの大切さをを知った。そのことには大変勇気が必要

 

だということ。

 

自分の内面と向き合うことで自分自身を見つめ、自身で心癒される作品に傾倒して

 

いった。

 

現代まで形を変えながらも息づいている漢字と共通するところから自身の作品を制作

 

することの大切さを身にしみいるように感じているという。

 

表現者が自由に発信していくことな無限の世界に漕ぎ出す船のようである。

 

心に星を抱いて船出をしていく。まさに「惺舟(Seisyu)」

 

二度と同じにはかけない作品をこれからも生み出していく可能性を秘めている。

 

新しい文化となる日を夢に見て。

 


The meaning of promoting color brush art.

Color brush art is the art of brushwork.

 

What kind of gorgeous calligraphy that used to be all black

 

I am attracted to the infinite possibilities.

 

Recently, more and more people are interested in color brush art.

 

"I'm interested in kanji and letters", "I want to know more about calligraphy brush writing,"

 

"I became interested in craftsmen who are making calligraphy brushes." "I became interested in the psychological effects of color."

 

He also heard that he wanted to learn color brush art.

 

 I want her to continue to be interested in new cultures by continuing with color brush art

 

It seems that he started to think.

 

Since 2010, he gradually started to produce works, and since producing the first color work in Kyoto,

 

it has gradually changed to the present shape.

 

I knew the importance of exposing myself, and that it takes courage.

 

By confronting one's inner side, he stared at himself and was devoted to a work that heals himself.

 

He feels that he feels the importance of producing his own works from the point that they share the same

 

kanji that is still alive while changing shapes.

 

It is like a boat that embarks on an infinite world in which the artist freely transmits.

 

Holding the star in my heart, I leave the ship. Exactly "Seisyu"

 

It has the potential to create works that will never be the same again.

 

Dream of a new culture day.


プロフィール

鎌田惺舟(かまた せいしゅう/Seisyu Kamata)

 

  

 

5歳の時から書道をはじめ、小学生で八段を取得。

 

   

 

社会人になってからも展覧会など数多く出展しつづけ、漢字・かな・ペン字で師範を取得。

 

  

 

2010年より色彩と書道の調和をテーマに作品研究に入る。。

 

  

 

色彩書道には無限の可能性があると、「カラーブラッシュアート」と名付け、漢字の意味と

 

 

その色彩イメージを調和させ独自の作品を創造し続けている。 

 


Seisyu Kamata

 

  

 

Beginning calligraphy at the age of five, she got a grade 8 in elementary school.

 

   

 

After becoming a member of society, he continued to exhibit at many exhibitions and

 

 

 

acquired masters in kanji, kana, and pen.

 

  

 

Since 2010, he has been studying works under the theme of harmony between color

 

 

 

and calligraphy. ..

 

  

 

When there are unlimited possibilities for color calligraphy, we call it "color brush art"

 

 

 

and call it the meaning of kanji.

 

 

 

He continues to create unique works by harmonizing the color images.

 



主な活動実績

 2010.7   京都八坂の「八坂」茶屋にてカラー書道展開催

 

2012.8   大阪学習センターにてカラーブラッシュアート展 開催

 

2016.6   大阪誠華堂ギャラリーにてカラーブラッシュアートⅡを開催

 

2017.6   大阪ピアスギャラリーにて「協業展 」に参加

 

2017.10  イタリアミラノ「日本人によるグループ展」出展

 

2018.1   兵庫県尼崎ギャラリーにてカラーブラッシュアート展Ⅲ開催

 

2018.9   大阪市北区 中津ピアスギャラリーにてカラーブラッシュアート展Ⅳ開催

 

2019.2   大阪市と姉妹都市であるミラノでの展示、クールジャパン部門入賞

 

2019.4   イタリアミラノ デザインウィークに展示

 

2019.5.17〜19 大阪OBPにて「OASIS2019」大阪展出展

 

2019.6.23~7.23 フランスパリ「OASIS2019」パリ展 ファレルギャラリーに出展

 

2019.10   大阪グランフロントにてUNKNOWN ASIAに出展

 


Results of Activities

2010.7 Color calligraphy exhibition held at Yasaka Chaya, Kyoto.

 

2012.5 Working on "the harmony of color and calligraphy", Osaka.

 

2012.8 Color Brush Art exhibition at Bentencho, Osaka.

 

2010.7 Color calligraphy exhibition held at Yasaka Teahouse, Kyoto.

 

2012.5 Working on the harmony of color and calligraphy, Osaka.

 

2012.8 Color Brush Art exhibition at Bentencho, Osaka.

 

2017.6 Color Brush ArtⅡ held at Seikado Gallery, Osaka.

 

2017.6 Participated in “Collaboration Exhibition” at Nakatsu Pierce     Gallery, Osaka.

 

2017.10 Group exhibition by Japanese in Milan, Italy.

 

2018.1 Color-Brush Art held at Kuise Gallery in Amagasaki City, Hyogo.

 

2018.9 Color Brush Art at Nakatsu Pierce Gallery, Kita-ku, Osaka.

 

 

2019.2 Exhibited in Milan, sister city of Osaka city, Cool Japan category,     Osaka.

 

 

2019.4 Exhibited at Milan Design Week, Italy

 

2019.5.17 ~ 19 Exhibited `` OASIS2019 '' OBP, Osaka.

 

 2019.6.23 ~ 7.23 OASIS2019 , France Paris Exhibition at the Farrell Gallery, Paris.

 

 



受賞歴


1986  創玄展二科入選

 

1987  毎日展入選 ・創玄展二科入選

 

1988  創玄展一科入選・創玄展二科入選

 

1989  創玄展一科入選

 

1990  創玄展一科入選

 

1991  毎日展入選

 

1992  毎日展入選

 

1993  毎日展入選 ・創玄展一科入選

 

1994  毎日展入選 ・創玄展一科入選

 

2019  ミラノジーニアス2019クールジャパン入賞

 


Award history

1986 Sengen Exhibition

 

1987 Selected for Mainichi Exhibition, Selected for Sougen Exhibition

 

1988 Selected for Sougen Exhibition and Selected for Sougen Exhibition 

 

1989 Selected for the Sougen Exhibition 

 

1990 Selected for Sougen Exhibition 

 

1991 Selected for Mainichi Exhibition 

 

1992 Selected for Mainichi Exhibition 

 

1993 Selected for Mainichi Exhibition and Selected for Sougen Exhibition 

 

1994 Selected for Mainichi Exhibition ・ Selected for Sougen Exhibition 

 

2019 Milan Genius 2019 Cool Japan Prize